Instore Channel
●TOP

sd-pop
●会社案内
●レディメイド・ラインナップ
●オーダーメイド・シリーズ
お問い合わせ

【Q39】データ変換がうまく行かない。
【A】現在、殆どのモニターが16:9になりましたが、旧モニターの4:3をご使用中の所も多いようです。
  画質のクォリティを高める意味でも、16:9モニターへの変更をお奨めしていますが、ご予算の関係で買い
  替えに至らないこともあるようです。
  16:9素材をそのまま表示すると左右が圧縮されて画像がタテ長になりますので、レターボックスで4:3画面
    の上下を黒マスク処理してMPEG化します。
  こうした、素材と画面の比率の違いは随時発生することがありますが、当社ではキメ細かく対応しています。
【Q38】4:3のモニターで16:9の動画を表示したい。
【A】MPEG系の電子POPは、DVDビデオディスクからのコンバートが最も一般的な方法でした。
  ハイビジョン対応機の場合は、DVD自体がMPEG2クラスですから、画質がそれ以上アップしません。
  入稿素材としては、1024×760px以上のハイビジョンクラスのAVI、WMVなどでご提供いただいた方が画質
    を維持できます。
【Q37】動画の入稿データは?
【A】動画形式は、電子POPはMPEG, ハイビジョンPOPはWMV,AVIなどが基本ですが統一規格はありません。
    最近の機種ではMPEG4も再生可能となりました。
   データ形式は数パターンなのですが、エンコードの際のフレームサイズ・ビットレートなどが異なることが
   多いようです。これはデータ変換ソフト(エンコーダー)とその設定によっても違うことがあります。
   フリーのエンコーダーは無数にありますから、すべてを検証するには至難ですので、`pegasys社の
   TMPGEncのご使用をおすすめしています。
     また、Macではなく、Windowsパソコンでの作業が適します。
   当社では、他社機を含め様々な機種の検証を行っていますので、お困りになったらご相談ください。

【Q36】機種によるデータの違いがよく判りません。
【A】最近では、データ変換を別の映像プロダクションに依頼されるケースが増えています。
  初めてお取り組みになる場合は、まず、うまく行きません。
  データ変換は機種に合わせて検証しながら適正値での変換設定を行います。統一規格がないことに起因
  していますが、万が一の不具合発生の場合の原因解明と責任の所在特定の意味でも、原則として、機器と
  データとカード&コピーの一括請け負いとさせて頂いています。
  どうしても他社様でおやりになりたい場合は、事前に当方にて再生検証させていただいています。
■皆様からのよくあるご相談をまとめました。   
   記載以外のご質問やご不明な点については、お手数ですがお問い合わせください。
TEL.048-607-2020
メモリーカードとダビングについて
【A】実ユースでは未検証です。
  Wi-Fiカードでのデータ書換え案がありますが、まだ実験段階。動画の場合、データ容量・電波環境・ダウン
  ロード時間・画質・ノイズ発生などの問題で、まだ実用レベルには至っていません。
【Q43】Wi-Fi付きSDカードは有用ですか?
【A】機種によりますので、スペックをご確認ください。
    市販カードは殆どSDHC、8GB以上になりましたが、16GB以上は適しませんので、当社にご相談ください。
   
【Q42】SDHCカードは使えますか?
【A】殆どの機種にUSBスロットが付いていますので、コピー・書換え可能です。
  コピー方法は機種ごとに違いますので、ご注意ください。
【Q41】USBメモリーからカードの書換えはできますか?
【A】基本的に著名ブランドの製品なら問題ないです。2〜4Gb以下のカードとしてください。
   ただし、機器ごとに相性が見受けられますので、事前にエイジングテストを行ってください。
   ネットでは格安カードが販売されていますが、品質的に問題があるものもあります。
   分割発注は責任所在が不明瞭になりますので、弊社にて実績のあるカードをご使用ください。
【Q40】SDカードはどのメーカー製でもいいですか?

【A】液晶パネルの経年劣化、内部ビデオケーブルの接続異常、再生チップの異常、データ異常など。
    実機点検が必要です。

【Q47】電源は入るが、画面が表示されない。
ご使用中によくある不具合について
【A】小型機の場合、概して、スピーカー性能はあまりよくありません。音量をアップすると音割れ現象
  が起こることがあります。聞き易いボリュームでのご使用をおすすめします。
  極端な場合は、スピーカー、オーディオ配線、それぞれの組み込み等の不具合ですが、経年劣化
  もあり得ます。
【Q48】音割れがする。
【A】再生チップの異常、もしくはデータのマッチングミスです。
    実機とカードの点検が必要です。
【Q46】画面にノイズが発生する。
【A】要因はいろいろ考えられます。
  機種・ご使用期間、ご使用カード・データによっても異なりますので、実機点検が必要です。
【Q45】朝の起動時に、動画再生ができなくなった。
【A】ACアダプター、電源コード、電源ジャック部の接触、内部の電気系統等の異常と考えられます。
  同型のACアダプターと交換することができれば、アダプターか本体かの目安は付きます。
  アダプターと電源コードの不具合は、ご使用時の取り扱い方法にも起因することがあります。
  稀に、タイマー設定中で時間外に電源接続されると画面表示されない機種もあります。
【Q44】機器の電源が入らない。

ご使用中のお問い合わせについては、様々なケースがあります。
お手数ですが、その都度、個別にお問い合わせください。
【A】センドバック方式ですので、不具合機を回収していただいた上での点検・確認後の対応となります。
  操作ミス・接続ミス・カード装填ミスなどが多発したこともあり、不具合現象を確認させていただいた後、
  必要かつ適切な対応方法を採らせていただいています。
【Q52】不具合時の対応について
【A】液晶パネル・バックライトの耐用期間に基づきます。
  通常約5万時間ですが、リサイクルパネルの場合は、約2〜3万時間となります。
    電子ペーパーPOPのELシートの発光寿命は約6ヶ月です。
  特注製品については、別途となります。
【Q51】耐用期間について
【A】通常、納入後1年間を点検・修理・交換などの無料保証期間としています。
  標準的なご使用の場合ですので、人為的な故障やご使用中の事故については保証の対象外です。
  機械のことですから、壊れない機械はありません。出荷時に厳重点検していますが、それでも発生
   することは避けられませんので、「無料保証期間」を1年間設けています。
  尚、フォトフレームは6ヶ月となります。
【Q50】製品保証について
その他のお問い合わせ
【A】殆どの機種が海外製です。中国・台湾・韓国などで生産・組み込みしています。
  国産品はありません。また、パネル・基板・スピーカー・筺体・ACアダプターなど、機種と現地メーカー
  によっては調達先が複数に渡りますので、パーツの生産国・メーカーを特定するのは困難です。
  国内での製造責任は、輸入・販売会社となります。
【Q49】機器のメーカーについて

Copyright (C)2016-18  ISM  all rights reserved.